2018年7月20日金曜日

水彩画用紙について

私が使っている画用紙を紹介します。
左がウォーターフォードF6(41×31.8㎝)とF4(33.3×24.2㎝)いずれもホワイト中目
右がアルシュ31×41㎝、26×36㎝、23×31㎝、23×31㎝、18×26㎝緑色が300g/㎡、若草色が185g/㎡いずれも細目
私は水をたっぷり使うので一枚ものだとベコベコして描きにくいためこのようなブロックタイプという四方をノリで固めてあるものを使用します。
描き終わってからその1枚をナイフなどで剥がします。



持ち運んだり、一枚だけになってしまった場合等はボードにマスキングテープで貼り付けます。(本当の水貼りは画用紙の裏面を海綿やスポンジで濡らしてから貼るようですが・・)
私が使用しているものはプラスチック製のダンボールのような板でホームセンターなどで売っているようです。これは絵の仲間がいろいろなサイズにカットしてくれたもので本当に軽くて重宝しています。以上、少しはお役に立つ情報だったら嬉しいです。


2 件のコメント:

  1. Paletteさん、こんにちは。

    日本は好きな画用紙が簡単に手に入りますね。
    当地では画用紙を始め、水彩画道具の入手が困難なので、帰国した際に行く画材店は欲しいものがたくさんあって目がきら~ん!です。
    ネットで買えればいいのですが、UAEへの発送は不可のようで残念。
    アルシュはオレンジ色の粗目(?)が好きです。
    ウォーターフォードもいいですね。
    良い画用紙を使っても腕が伴わない(笑)

    返信削除
    返信
    1. HALさん、こんにちは。
      アルシュの粗目、良いですか・・どんな感じになるのかしら。
      色とりどりの絵具など画材屋さんはカラフルで気分があがりますよね。
      にじみやぼかし具合がすごく影響されるので画用紙選びは大切だと思います。
      先に良い画用紙を買って、それから腕を・・ですね。

      削除