青

2016年8月31日水曜日

(手順)赤唐辛子

光と赤い色を引き立てるために背景は墨汁で。
背景を水で濡らしておいてから墨汁を塗って
いくとムラになりにくいです。実は、この絵で
一番苦心したのは描き方よりも赤唐辛子の
盛り方と背景などの空間の取り方でした。
(葉書サイズ)

↓ 光るところにマスキング。
唐辛子にザックリと下色をつけます。

↓ 乾いてから色付け。
明るい部分は最初の下色を活かします。
最後に背景を塗って完成。(一番上の絵)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



4 件のコメント:

  1. 待ってました、描き方手順!
    背景色の黒に墨汁・・・ですか!?
    確かに水彩ですよね。
    しか~し、ただいまマスキングインクがないので、光る部分は筆で囲い込むしかありません。
    必要な時に物が入手できない悔しさよ・・・くくく~ぅ。
    私に水彩画を奨めてくれた友人と、画材を手に入れるのは通販しかないかぁ、と言い合っていますが、それもうまく届くかどうか心配なのです。
    何事もゆる~いお国柄、ゆったりしてるのはいいのですけれど、肝心な時はぴしりとしてほしいっ!

    返信削除
    返信
    1. あらら・・当たり前のような宅配便の有り難いこと。
      マスキングインクがなければ、ロウやクレヨンの白などで試してみてはいかがでしょう。あまり細かいところは無理ですが、かえっていい感じになることもありますよ。

      削除
  2. ロウは使えるかも、と閃いた(?)のですが、白のクレヨン!
    これは思いつきませんでした。
    私はクレヨンを持っていないけれど、もしかしたら娘の部屋に残っているかも・・・。
    試してみまーす。
    ヒントの数々、いつもありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. いえいえ、どういたしまして。
      ロウやクレヨンは真っ白なので、どこを塗ったかがまったくわからなくなってしまうのが欠点です。どうぞお気をつけて。

      削除