青

2015年6月9日火曜日

青い森の国から:走れメロス号

桜の木の下を走り抜ける津軽鉄道のメロス号を描きたいと思って
いたのですが、今年はその季節に行きそびれてしまいました。
来年の下見、ということで寄ってみました。もちろん地元出身の太宰の小説
から取った名前で、「走れメロスマラソン大会」というのもあるみたいです。
 


2 件のコメント:

  1. 走れメロス号の命名は太宰氏に由るものなのですね。
    太宰氏の写真はどれも憂いを漂わせた顔ですね。
    氏の忘れ形見、津島祐子氏と太田治子氏はやはり物書きとなられましたが、読むとなんとも言えない感慨になります。

    返信削除
    返信
    1. HALさんは文学に詳しいので、そのような感慨もひとしおなのでしょう。お二人の仲はどうなんでしょうかね。
      私はほとんど「走れメロス」くらいなので斜陽館も、どう絵にするか・・・の方に気がいってしまいます。(~_~;)

      削除